大阪・兵庫で激安のカーリース・レンタカーなら「比べてレンタカーリース」

カーリースとの比較について

2018.08.08

マイカーローン・カーリース・残価設定ローンのそれぞれの違い

カーリースと残価設定ローン

マイカーローンとは?

マイカーローンとはその名の通り、マイカーを買うためのローンのことです。
ローンと名前が付いているため、当然お金を借りて車を購入します。
その場合、金融機関や自動車ディーラーからお金を借りることになります。

お金を支払い終える前に車を手に入れることができるため、非常に便利と言えますが、結局のところ、ローンには金利がかかってくるため、現金一括で購入するよりも総合的な費用は掛かかります。
また、現金で購入する場合と違い、購入する前に必ず審査が発生します。

審査は個人の収入、カードやキャッシングの支払いで延滞履歴などが調べられます。
そのため、いくら車が欲しくても収入的に購入できない場合や以前延滞していた場合には購入できないこともあります。

最近流行りのカーリースは?

カーリースとは、カーリースを提供している会社が車を購入し、ユーザーが月々の支払いをして長期間借りることです。
カーリースの場合、基本的には月額料金に自動車税や車検代がすでに含まれている場合が多く、比べてレンタカーリースのカーリースプランには税金関連、自賠責保険、車検など車両維持に必要な経費が含まれています。

ユーザーが月々のリース料金以外に支払うのはガソリン代や駐車場代などですので、転勤が多い方や一時的な出張に出ている方には良いかもしれません。
しかし、あくまで借り物であるため、返却時にはある程度綺麗な状態でなければなりません。

よく勧められる残価設定ローンって何?

車の購入を検討している方は残価設定ローンという言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。
残価設定ローンとは、あらかじめ最終的な下取り額を設定しておき、残りを分割して支払うといったものです。

これだけ聞くと、最終的な下取り額は支払わなくて良いというような聞こえ方になりますが、それは間違いです。
支払いの最終回の際に残価を残しておき、最終的に車をどうするかによって支払方法が変わってきます。

車を新しいものに買い替える場合は乗っていた車を下取りに出すことができます。
車を販売店に返却する場合も同様です。
しかし、下取りをする場合にもやはりチェックがありますので、この際に規定以上の走行距離や破損などをしている場合には下取り額は下がります。

一方、車を買い取ってそのまま乗り続ける場合には残価を一括で支払うか再度分割で支払うかを決めることができます。
このように、残価設定ローンは契約終了時の選択肢が幅広くなっています。

カーリースと残価設定ローンはどちらがおすすめか

それぞれメリットデメリットがありますので、購入者の状況などにもよって選択は変わってきます。
長期出張や単身赴任の場合、マイカーローンで買ってしまうと自分の車になりますが、帰る際には車に乗って帰るかフェリーなどで持ち帰るしかありません。

しかし、カーリースや残価設定ローンであれば、持ち帰る必要はなくなります。
ただし、出張先や単身赴任先で毎日のように車を運転し、長距離走行を行う場合には話が変わってきます。

カーリースや残価設定ローンにはある程度走行距離などの規定が決められているため、返却の際や下取りの際に余計な金額がかかってくる場合があります。
普段使わないけど、いつ使うか分からないので備えておきたい場合はマイカーや残価設定ローンであると割高になります。

比べてレンタカーリースのカーリースプランは毎月一定額で利用できるだけでなく、契約期間が実質ありませんので、契約期間に縛られず、負債をかかえる必要がないので安心してご利用いただけます。
このようにそれぞれメリットとデメリットがありますので、しっかり自分の状況を見極めて選ぶことをおすすめします。

比べてレンタカーリースのカーリース料金はこちらから!