大阪・兵庫で激安のカーリース・レンタカーなら「比べてレンタカーリース」

カーリースについて

2018.09.28

カーリースで全損事故を起こした場合、費用はどうなるの?

カーリースで全損事故

車の購入には無い、カーリースの魅力

カーリースには車を購入する場合には無い、様々な魅力があります。
一例を挙げると、法人契約ならリース料金などの車に関する費用を経費で落とすことができることや、車検などのメンテナンス費用や税金などの費用もリース料に含まれているので車の維持費がわかりやすいことなどがあります。

カーリースは契約期間終了後の残存価格が設定されており、それを差し引いた価格が支払い額となります。そのため、車を購入するのと比べるとコストを抑えれることも魅力の一つです。

比べてレンタカーリースのカーリースご利用までの流れはこちらから!

カーリースで事故を起こしてしまったらどうなる?

カーリースを利用する際に発生する大きな不安の一つに事故がございます。
故障であればその費用はカーリース料金に含まれているので問題無い場合が多いですが、自損事故のように契約者に過失がある場合どうなるのか不安を覚える方もあるのではないでしょうか。

カーリースの所有者は契約者ではなくカーリース会社にあり、借りていた車で事故を起こしてしまったことになります。

弁償する必要があると考える人もいるかと思われます。
そのように考えるのは必ずしも間違っているわけではないのですが、手続き上は単純に新品を買い直して弁償するのと同じ状況ではございません。

カーリース契約終了となり中途解約金が発生

カーリースで全損事故を起こしてしまい継続使用が困難になった場合は、強制的にリース契約が終了となります。
すると、中途解約金が発生します。それは事故を起こしたカーリースの状態によって変わります。

中途解約金というのは、基本的にカーリースに通常設定された残存価格という理解になるため、事故を起こしたカーリースの状態によって変わります。

しかし全損事故を起こしてしまうと、その残存価格が大幅にダウンしてしまうために、不足分を別途支払う必要がございます。
また、自費で修理可能な場合でも、やはり残存価値は下がりますので、今後のカーリース料金が変わる可能性がございます。

カーリース全損事故の不安を軽減させる方法

カーリースの全損事故による不安を少しでも軽減させるためにも、カーリース専用の任意自動車保険に加入することが推奨されています。
任意保険に加入することによって一部の金額が補われ、自己負担を大幅に軽減させることが可能です。

カーリース専用の自動車保険の特徴は、通常の自動車保険に比べると保険料が安いということと、違約金なども含めて補えるような内容になっていることです。
安心してカーリースを続けていくためにも、カーリース専用任意自動車保険への加入はおすすめです。

比べてレンタカーリースなら全損事故でも費用は発生しない

比べてレンタカーリースのカーリースプランでは、全損事故を起こした場合でも中途解約金が発生しません。そのため、運転免許を取りたてで運転に不安がある方でも安心して利用していただけます。

大阪・兵庫でカーリースをお探しなら是非比べてレンタカーリースへご相談ください。