大阪・兵庫で激安のカーリース・レンタカーなら「比べてレンタカーリース」

カーリースのメリット・デメリット

2018.09.05

高級車のセダンをカーリースで利用する前に知っておきたいメリットとデメリット

セダン車のカーリース利用

教習車にも使用されることが多い、定番のセダン車

自動車免許を習得する場合、ほとんど方が自動車教習所へ入校し教習を受けます。
そこで、教習車としてセダン車を運転された経験がある方も多いかと思われます。

セダン車とは古くから存在する車種であり、一般的に、ボンネット・車室・トランクのそれぞれが3つに隔離した4ドアタイプの乗用車を指します。客室とトランクが隔絶されないミニバンや軽自動車と大きく異なる構造です。
また、セダン車は走行安定性や安全性が他の車種と比べて比較的に高く、乗り心地が良いという声も多く上がってます。

セダン車の売上は近年下降気味となっていますが、それでも高級車を中心にセダンの人気は高く、高級車を購入する際にはセダンを選ぶ方も多いと言われています。

比べてレンタカーリースの取り扱い車種一覧はこちら!

セダン車をカーリースで利用するメリットとは

高級車のセダンは購入価格が高額になるだけではなく、他の車種と同様に購入費用だけではなく、税金や手数料、ローンでの購入の場合は頭金など多くの初期費用が発生します。

さらに毎年支払うことになる自動車税や2年ごとの車検代、定期的なメンテナンス代、その上車の部品やタイヤの交換など、思わぬ出費が必要となります。
その他にも、車は消耗品ですので日々運転していると予期せぬ故障が発生する場合があります。

高級車のセダンを所有となれば、他の一般的な車と比べると多くの出費が生じます。
しかし、カーリースでセダンを利用するなら購入費用と購入時の初期費用が不要になり、購入よりもお安くセダンに乗ることができます。

また、毎年発生する税金や維持費もリース代に含まれており、点検代や不具合にも対応が可能です。
従って、毎月の支払額が抑えられ、費用の面で大きなメリットと言えます。

セダン車をカーリースで利用するデメリットとは

セダン車の醍醐味としてカスタマイズをされる方も多いかと思われます。
しかしカーリース利用の場合は返却する際に、リースした時の状態に戻さなければならないので、自由なカスタマイズ難しいと考えられます。
また、年間の走行距離をオーバーしている場合は精算金の支払いが発生する可能性もあります。

原則、カーリースはリース期間内に解約できません。期間終了後にリースで利用していた車両を購入する場合は、支払総額がローンより高額になる可能性があります。
以上のようにカーリースには初期費用や維持費を抑えられるというメリットもありますが、その反面全体的な費用の面でデメリットもあることを考慮しなければなりません。

デメリットを解決してセダン車をカーリース利用するには

比べてレンタカーリースのカーリースプランでは、お客様の希望車が在庫にあれば、即日納車が可能です。
カーリースの契約期間は実質ございません。契約期間に縛られず、負債をかかえる必要がないので安心してご利用いただけます。また、契約期間中に自由に車種の変更が可能です。

毎月の支払額にはガソリン代、車庫代、任意保険料以外のすべての費用が含まれています。
一般的なセダンに関しても、代表的な車種は用意されていますが、希望の車種がなければ、取り寄せも可能です。

カーリースは事業立ち上げの時にも初期費用をできるだけ抑えるのに役立ちますので、是非一度ご連絡ください。