大阪・兵庫で激安のカーリース・レンタカーなら「比べてレンタカーリース」

法人向けカーリースについて

2018.09.14

どちらがお得?ワンボックスカーの中古車購入とカーリースを徹底比較

ワンボックスカーの中古車購入とカーリース利用を比較

法人が業務用としてワンボックスカーを導入するとしたら

法人が業務用としてワンボックスカーを導入したい場合、特に中小企業や立ち上げたばかりの法人では、導入費用や導入後のランニングコストが気になります。ワンボックスカーはサイズも内装も広く、使い勝手がいい分、新車は高額帯のものが少なくありません。

中古車にしようかと検討する法人も多いと思いますが、もう1つの選択肢としておすすめなのがカーリースです。
では、中小企業や新設法人にとってどちらがおすすめなのか、両者を比較して紹介致します。

中古車のワンボックスカー購入費用とカーリースの費用を比較

中古車購入の際には現金一括払いか、金額の高さや業者によっては提携ローンが組める場合もあります。
金額にもよりますが、あまり安いものは年式が古く、走行距離が長いなど老朽化しているケースもあり、社員の安全や社会的責任を担っている法人としてはおすすめできません。

新車よりは安くて、それなりの中古車を選ぶとなれば、法人の規模や資金によっては現金一括払いが難しいケースもあるかと思われます。
一方で、法人向けのローンは比較的に審査も厳しいため、実績のない新設法人ではローンを組めないケースもあり、中古車購入が難しくなってしまいます。

比べてレンタカーリースのカーリースプランの場合、車両価格だけでなく、税金や保険料、メンテナンス費用なども全て毎月の定額払いに含まれています。カーリース利用のための審査は車を購入する際のローンほど審査が厳しくありません。

ワンボックスカー購入後の費用とカーリースの場合を比較

ワンボックスカーを導入する場合には、導入時の費用だけでなく、保有にかかるランニングコストもあらかじめ想定する必要がございます。
ワンボックスカーの中古車を購入した場合、自動車の保有にかかる税金や自賠責保険料、車検費用などが定期的にかかってきます。

一方でカーリースは税金や車検費用などの費用もすべて、カーリース利用料に含まれているので、最初に提示された月額費用だけを検討すればよいのがカーリースの魅力の一つです。

毎月支払うカーリース費用以外に発生する料金は中古車を購入した場合にも発生する、駐車場代や任意の自動車保険料、ガソリン代やトラブル時の修理料金程度を考えればいいだけです。
また、購入すると資産計上になりますが、カーリースの費用は損金計上ができるので、黒字決算が予想されるような法人や、今後は黒字に転換していくと見込まれる法人にとっても、税金を軽減できるメリットもあります。

比べてレンタカーリースのカーリースご利用までの流れはこちらから!