大阪・兵庫で激安のカーリース・レンタカーなら「比べてレンタカーリース」

法人向けカーリースについて

2018.06.29

法人利用なら購入よりもカーリースが断然お得な理由!

法人利用ならカーリースがお得な理由

元々は、法人向けのサービスとして始まったカーリース。
「比べてレンタカーリース」でも法人利用のお客様からご好評いただいております。
今回はそんな、法人向けカーリースがお得な理由を紹介します。

カーリースとは?

車を購入するのではなく、1年、3年、5年など長期わたってリース料金を支払い車を利用することです。
レンタカーのナンバープレートは「わ」ナンバーですが、カーリースの場合のナンバープレートは購入した場合と同じ通常のナンバープレートです。1か月以内の短期の場合は比較的レンタカーがおすすめです。
レンタカーのメリットはこちら

法人がカーリースを活用するメリット

通常、法人で車を購入した場合、会計上は固定資産として計上しなければなりません。
資産を持っている場合、課税の対象となり税金がかかってしまいます。

ですが、カーリースで借りた車両の料金は全額、経費にすることができます。そしてこの経費に、税金はかかりません。また、車検費用・整備費用・消耗品費もまとめてカーリースの費用内に含まれていることがほとんどで、毎月同額の支払いで済みますので、経理や車体管理の負担がほとんどありません。
比べてレンタカーリースの費用に含まれるもの

事業起ち上げ時に大助かり

車は必要だけど、購入資金がない、何のためなるべく資金は残しておきたい等の場合、カーリースはリース料金を全額損金に計上できるため、節税対策にもなりますし、事業起ち上げ後、すぐに収益が上がった際に法人税の負担軽減につなげられるほか、初年度の赤字を損失として繰り越しできるので、翌年に黒字になった際にも法人税の負担軽減が可能です。

個人カーリースとの違い

近年では、法人だけでなく個人を対象としたマイカーリースのCMや広告もよく見かけます。
車に詳しくないユーザーにとっては、車を購入することによって税金の支払いや点検、オイル交換、車検などの義務が生じ、とても面倒なうえ都度費用が掛かります。

マイカーリースだと大抵の車種を選べ、さらに費用を抑えたい場合には中古車リースを選ぶことで、月々1万円前後で車に乗ることもできます。しかし、法人の場合と違い、リース料を経費扱いにできる、車両管理の負担が減る、財務諸表の健全化に繋がるなどのメリットがほとんどありません。それもあってか、法人ほどカーリースが普及していないようです。

まとめ

法人のカーリースのメリットや特徴を紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?経費を抑えつつ節税対策なども行っていきたい方にとっても便利に利用ができます。車が要らなくなった際も車を持てあますことなく引き上げてもらえるので安心ですね。

比べてレンタカーリースのカーリース料金一覧はこちら