大阪・兵庫で激安のカーリース・レンタカーなら「比べてレンタカーリース」

カーリースとの比較について

2018.06.29

カーリースと車を購入するとではコストがこんなに違う!

カーリースと車を購入するとではコスト

契約時のコスト比較

カーリースを利用するほうが車を購入するより、コストが安くなると言われていますが、どのような違いが出るのでしょうか。
まずは購入時とリース契約時の初期費用について比べてみましょう。

購入するとなれば車両本体の価格に加え、自賠責保険料や自動車税、車検費用や登録諸費用がかかり、マイカーローンを利用する場合には頭金の用意と面倒な審査手続きがかかります。また、その後の返済においては利息の負担も発生してきます。
これに対してリースの場合、契約時に税金や自賠責保険料、車検費用や諸費用の支払いも不要で、全てリース料に含まれています。

リース料は毎月の分割払いになりますから、初期費用として多額のお金を用意する必要がありません。
保証金や一時預かり金が必要なリースもありますが、契約終了時には返金されるのでまとまった金額の自己負担を抑えられます。

利用中にかかるコストの比較

車を購入するより、カーリースのほうが初期費用を抑えられ、資金面で不安がある方も車を手に入れやすくなっています。
さらに契約時だけでなく、利用期間中もお得で便利なのがカーリースの魅力です。

車を購入して所有していると税金や維持費などがかかり、毎年かかってくる費用に差が生じるので、費用の平準化ができず、大きな出費が出る年との差が大きくなります。

たとえば、車検は新車購入後3年目とその後2年ごとにあり、その際には自賠責保険料も払う必要があります。
また、自動車税は毎年かかり、メンテナンス費用も必要になります。そして、毎年の費用に加えて車検などの費用がグッと増える年は、家族旅行を我慢するといったご家庭もあるほどです。

これに対してカーリースでは、こうしたリース期間中にかかる費用などをリース会社が払ってくれ、リース料に予め反映した上で毎月定額の支払いが認められます。
高額な自動車税や自賠責保険料などをまとめて一括払いする負担から解放され、毎月定額の支払いをすればいいので家計管理もしやすく、計画的な収支計画を立てることができます。

カーリースなら今年は車検の年だからと、買いたいものを我慢することや、家族旅行を我慢する必要もありません。
リース契約に申し込む前に、この金額なら払えるとご自身で納得した料金を毎月定額で払っていけばいいので、毎月の固定費用が分かりやすく、安心して車を利用することができます。

車は維持費が高いからとあきらめている方も、ぜひ検討してみましょう!