大阪・兵庫で激安のカーリース・レンタカーなら「比べてレンタカーリース」

カーリースについて

2018.07.20

「比べてレンタカーリースは「審査なし」。一般的なカーリース契約の審査項目まとめ

カーリースの審査項目

法人契約も個人での利用も費用を抑えられ、便利なカーリースが普及してきています。
そこで、初めてカーリースの利用を検討されている方に一般的な審査項目を紹介します。

カーリースの事前審査項目まとめ

基本的な個人情報

ここでの基本的な個人情報とは以下をさします。

  • 住所
  • 職業
  • 年収
  • 年齢

などの一般的な内容です。
ここでのポイントは安定した収入のある定職についているか。住まいは持ち家かアパートなどの賃貸か?また、常に連絡が取れる状態か?などのチェックポイントとなります。

年収

カーリースでは短くても2~3年に渡って毎月定額の費用が発生します。その費用をしっかり払い続けられる見込みがあるかは、カーリースを利用するうえで重要審査項目となります。

年収の下限はカーリース会社によって異なりますが、年収200万円を下回ると審査に通りにくいといわれています。ただその場合でも、その他の項目で高評価を得られれば契約できる可能性もあります。

収入の安定性

年収の額だけでなく、収入の安定性も重要なポイントです。
自営業や個人事業主など、一般的に収入が不安定になる可能性の高い職業だとそれが審査においてマイナスとなる可能性があります。

任意整理や借金などの有無

過去に自己破産や任意整理をしていたり金融事故を起こしていたりすると、それによって審査に通りにくくなってしまいます。借金に関しては住宅ローン等の一般的な借金は含まれませんが、それ以外の部分で多額の借金がないかどうかはチェックされます。借入金などがある場合、返済に遅れや滞りがないかどうかというところも大きなポイントです。過去に金融事故(遅延や債務整理等)を起こしている方は、一度ご自身の信用情報を確認しておく方が安心でしょう。

これらの審査の総合評価で、通るか通らないかが決まります。
もちろん、カーリース会社も安定的なサービスを提供するためには、きちんと支払いを済ませてくれる利用者が多いに越したことはありません。そのためにしっかりとした事前審査を行っています。

ですが、「比べてレンタカーリース」では、急ぎ利用を開始されたいお客様や、審査の厳しい大手カーリース会社で断られてしまった方にも、快適なカーリースライフをお送りいただくため、厳しい事前審査を行っておりません。
初めての利用で不安をお抱えの方もぜひ一度安心して「比べてレンタカーリース」にお問い合わせください。