大阪・兵庫で激安のカーリース・レンタカーなら「比べてレンタカーリース」

カーリースについて

2018.05.29

個人でカーリースを借りる場合のデメリット

個人でカーリースを借りる場合のデメリッ

審査が通らない不安

カーリースは新車を購入するよりも、費用負担などを抑えて低コストで車を利用できる便利な手段ですが、リース期間中の利用料を継続的に払っていけるかを確認するための審査が行われるのが一般的です。

マイカーを購入するときにマイカーローンの審査に通るか分からないと不安になる方も多いと思いますが、カーリースの場合も同様の心配が生じることがあります。
もし、審査が通らないと結果として借りることができなくなるため、落胆も大きくなります。

「比べてレンタカーリース」では、最初に一定額の保証金を預けることで、審査の手続きや審査の結果待ちも不要で、直ぐに利用ができるようになります。
在庫がある中古車を選べば、申し込んだその日でも車を用意してもらえるので、スピーディーで便利です。

カスタマイズができない

個人がカーリースをする際のデメリットの1つに、車好きな方が残念に思う点としてカスタマイズが自由にできない点が挙げられます。
リースしている車はあくまでもリース会社の所有物であり、リース期間を終えて返却する際には基本的に原状回復が原則です。

経年劣化は仕方ありませんが、すぐに外せないもの装着したりするとそれを取り外す費用を負担する必要も生じてきます。
そのため、エアロパーツをつけたい、ライトなどを違うものにしたい、カラーチェンジをしたいと思っても、できる範囲に制約があります。
ただし、新車のカーリースであれば、純正のエアロパーツやルーフなどのオプションを追加してもらうことは可能です。

また、カーリースで中古車を選べる場合、希望のカスタマイズ仕様車などを探してもらうといったこともできます。
カーナビやETCが必要な際は、リース前に申し出ておけば、取り付けた上でリースができます。

事故に注意

レンタカーの場合、人身事故における被害者の補償をカバーしてくれる自賠責保険に加えて、物損事故に際した対物補償保険や車両保険もカバーする任意保険にもレンタカー会社が加入済みなのが一般的です。

一方で、カーリースの場合は任意保険については自分の判断と費用で負担するというケースもあるため、費用を抑えたいというばかりに任意保険に加入せず、事故を起こした際には自賠責保険だけではカバーできない部分を自分で払わなければいけません。
自損事故で車を損壊した際はそこで契約終了となってしまうこともあるので、注意しましょう。

リースのご利用までの流れはこちら!